グローバル化に対応した海外調達に注目

現在、海外への渡航経路が整備され、日本からどこの国へもすぐに訪れることができるようになりました。それに伴って海外進出を狙う日本企業も多く、社会のグローバル化がますます盛んになってきています。
そんな中、今注目されているのが「現地調達・海外調達」です。

現地調達によるメリット

グローバル展開になると企業間のやり取りだけでも想定以上にコストが発生するものです。
そういったやり取りで発生するコストは金銭的にも工数的にも企業の負担となる可能性があります。
その負担を解消するのが現地調達です。現地調達の場合、日本から調達する配送にかかるコストがかからないため大幅なコスト削減が期待できます。
各国に支社を作る場合はとくに各地での現地調達がコストダウンの大きなカギをにぎっています。

海外調達によるメリット

海外から日本への納品で起こるメリットは、大量の納品だった場合、現地価格の方が輸送費を考えてもコストメリットがあることでしょう。
一見海外で製作したものを日本に納品することは、輸送費が高額なこともあって高くついてしまうのではないかと思われがちですが、実は現地価格での製作の方が大幅に安い場合が多いのです。
輸送方法などには留意しなければなりませんが、海外とはいえ品質に差が出ることはあまりないと考えてよいでしょう。

グローバル展開を成功させるためにはコスト管理がとても大切になってきます。業務に応じて自社に合った方法で効率を上げるために現地調達や海外調達についても考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です